エレファント・コンピューティング調査報告

極限に関する順序を論理プログラミングの手法を使って指定することを目指すブロクです。

フラクタル代数言語 Fractal (1)

目標

プログラミング言語Prolog拡張した「フラクタル代数言語 Fractal」を定義することをこのブログの目標の1つとしています。

背景

現在、サーバー上で無限の時間にわたって動作するプログラムと連携して、入出力を行うクライアントがあるというシステムがあます。プログラムの持続性、発展性のため、このシステムの全体を表すことを考えます。

構文

バージョン1ではPrologの構文を拡張したものとします。Prologに実行順序を表す構文を追加します。

実行順序

実行順序はPrologとは異なるものとします。実行順序を記述するため、以下のような機能を追加します。

フラクタル代数

「半環上の代数」のような代数的構造フラクタル代数」を考えます。無限に続くプログラムをこの極限として定義します。「フラクタル代数」の数式の変形を表す動画を組み合わせて、この極限の1つとして実行順序を記述することができるようにします。