エレファント・コンピューティング調査報告

極限に関する順序を論理プログラミングの手法を使って指定することを目指すブロクです。

リーマンのゼータ関数

実数 s > 1 に対して、関数 \zeta(s)
\LARGE \zeta(s) =  1 + \frac{1}{2^s} + \frac{1}{3^s} + \cdots
と定義します。これは、この \zeta(s) が、ある実数になるということです。(これについてはあとで説明する予定です)この定義をうまく拡張すると(これもあとで説明する予定です) s \not= 1 である複素数 s に対して、関数 \zeta(s) を定義することができます。この関数 \zeta(s) をリーマンのゼータ関数と言います。